2017/08/16

スイカ&ラップ

こんにちはtarasukin bonkersです。

毎朝、食卓にスイカが登場します。

いつも、顔ぐらいの大きさの小玉を買うのだけれど、大きいのしか売っていなかった日は8等分に切ってラップをして冷蔵庫へしまっておく。
そのスイカにかぶせてあったラップフィルム。

何度水で洗っても、このスイカ色が落ちない。
スイカ色に染まったラップ。

淡~いスイカ色の汁で染まるのもすごいけれど、ラップが染まっちゃうというのも何だかすごい。
↑こんなだよ。(なんども水洗いしても落ちない。)

2017/08/15

焼きピーマン手抜き風

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

ボー。

朝ごはん。
ちょっと面倒くさかったので、ピーマンをごろっとバーナーの上に置いて点火。
こちらも。

トングで2~3回ひっくり返す。
ヘタと種を取って。
刻んで鰹節と醤油を振りかけた。

朝ごはんのおともに、焼きピーマン手抜き風。

2017/08/14

GINZA SIX

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

GINZA SIXのフロアー4にある<CIBONE CASE(シボネケース)>へ納品です。

大きな段ボール箱を抱えて、こんな空気感の漂う中をスタスタと歩くのは、なんだか勇気がいるというか・・・。

モノトーンを基調とした<CIBONE CASE>はそんなファサードとは裏腹に、心が動ウズウズとき出すようなモノたちで彩に溢れていまいました。
まさに、緻密に編集された”楽しい”CASE(ケース:箱)のようです。

そんな<CIBONE CASE>の正面Galleryでは、8月16日から『CASE 04 編む』が開催されます。

TARASUKIN BONKERSのアイテムも、皆様のお目にかかります。
ぜひ!
銀座から帰ったら、野菜が育っていた。

この季節、少しでも雨が降ると、野菜はまたたくまに大きくなる。
たった2本のオクラの株には、12コのオクラが育っていました(いつのまに!)。

毎日採っても、採っても、採っても・・・次から次へと何かしら収穫ができる。
(1日採らない日があると、2日分が一度に採れるという仕組み。)

タタミ1枚ほどのタラスキン農園は、生ける野菜庫なのでした。
たくさん食べよっと。

2017/08/12

ROPE

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

ずっしりと重量感のあるステンレス製の金物は、ロープの先端に作った輪の部分を擦り切れから保護するためのもの。

船上で使われる武骨な姿を切り取ってペーパーウェイにした。
『YACHT WEIGHT』
『流木のHANGER』

ここに使われているロープの巻き方、締め方、編み方は、どれも漁船など船舶の上で見ることのできるロープワーク。

ぶら下がっている真鍮製のフックも、もちろん船舶金物。

船の上の様々な景色が詰まったハンガーです。
海辺の暮らしにロープは欠かすことができない。

浜で、波止場で、家々の軒先で、ロープが生き生きと光を浴びて活躍している姿を見ることができる。

たかがロープされどロープ。

海辺の人々にとってロープは、便利で、重要で、大切な要素。
だから、使っていないときには丁寧に巻き取って置いてある。

丁寧に巻き取られたロープの整然とした姿は、まるでロープが胸を張って出番を待っているようにも見える。

巻き取られたロープの整然とした潔さをデザインエッセンスに取り入れた。
『ROPE VASE』

GINZA SIX<CIBONE CASE>にまもなくデビューです。

2017/08/11

イノシシのレバーの味

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

イノシシ!
以前、イノシシを仕留めてもってきてくれた新聞社の方。(仕留めるのはご主人です)

今日も仕留めたのを、サクッとさばいて持ってきてくれました。
ななななんとうれしい!

↑こんな部分(見たことのあるカタチです。モモかしら。)
だとか、アバラ骨のついた上半身の一部とか、レバーやハツ(心臓)もついてきました。
(見た目がアレなので、かろうじて写真はこの1枚)

ともかく、両手にずっしりと肉の塊を抱えるという幸せ。

↑この部分は、全体に塩をまぶして冷蔵庫で寝かしてみました。
うまそうな予感・・・。

アバラ骨は骨に沿っていくつかに切り分けて保存。
(肉には肩甲骨のようなのがついてる)

切り分けているうちに、なんとなくイノシシの体の構造がわかったりする。
アバラの横の肉(肩の肉だと思われる)を一部そいで、さっそく夕食に。

これはステーキ。
そしてレバーをバターでソテーしました。

こんがりと焼けたレバーをひと口、切り分けていただくと、甘ーい香りが口の中に広がりました。

ブタのレバーで作ったソテーの、3倍おいしい!
なんだコレ。

マグロとハマチの味が違うように、ブタとイノシシも味が違うのだね。
このさき、しばらくはいろいろとイノシシ料理を楽しめそうです。

まさに自然の恵み。
ごちそうさまでした!

2017/08/10

スイカのヘタ

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

今朝のスイカ。

スイカを食べながら、スイカのヘタについて考えた。
(↑右にぴょろっとついているやつ)

「スイカは、この細いヘタ1本でスイカの株とつながっているわけで、ということは、スイカのシャクシャクの中身は全部、このヘタを通ってきたということだよね・・・。」
(もちろん、果肉が通ってくるということではなく)

そう思って、しげしげとヘタを見ていたら、ものすごく細いホースで、プールに水をためる絵が頭の中に浮かんだ。

世界の仕組みは思っているより地道なのかも。

2017/08/09

10th

こんにちはTARASUKIN BONKERSです。

私たちが伊豆半島の先端にやってきて、今日で10年が経ちました。

不動産屋で受け取った家の鍵を握って、はしゃいだあの日。
見知らぬ土地の住人となる不安もあったけれど、ただうれしかった気がする。

10年の間にいろいろなことが変わったけれど、
窓の外には、今日もあのころとかわらない景色が広がっていました。

ふたりで鍵を開けたこの家、碧い入り江、あたたかく受け入れてくれているこの集落の人たちに、感謝。

そして、これからもどうぞよろしく。